【柔道】東京五輪の1年程度の延期を受けて代表の再選考を行う可能性が浮上 内定選手は猛反発

ブログ


1:名無しさん@恐縮です 2020/03/26(木) 09:03:09.33 ID:iSFcE+hT9
 全日本柔道連盟(全柔連)が東京五輪の1年程度の延期を受け、代表の再選考を行う可能性があることが25日、分かった。

既に男女14階級中、13階級が内定。残る男子66キロ級も全日本選抜体重別選手権(4月4、5日・福岡国際センター)を予定通りに最終選考会として実施するが、
代表が出そろった後に改めて選考について議論する。日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は都内で取材に応じ、代表選考について各競技団体の判断を尊重する意向を示した。

 最強の陣容が整いつつあった柔道日本代表の顔ぶれが、白紙に戻される可能性が出てきた。男女13階級は内定。
当初の予定では4月の全日本選抜体重別選手権で男子66キロ級の丸山城志郎(26)=ミキハウス=と阿部一二三(22)=日体大=の新旧世界王者による一騎打ちが決着し、14階級が出そろうことになっていた。 (中略)

大会まで時間の猶予がなく、まずは全階級を選び、その後、改めて代表選手の選び直しとなる可能性について、同専務理事は「(全階級が)決まったあとでもう一度議論する」とした。男子の井上康生監督も全柔連を通じてコメントを発表。
選考について「強化委をはじめ関係する皆さんと慎重に協議を進め、なるべく早い時期にご報告できるように致します」と含みを持たせた。 (中略)

 金メダル量産の使命を負った柔道は、リオ五輪後から全ての階級でハイレベルな争いを繰り広げてきた。その厳しさは大枠が固まった2月27日の会見で、井上監督が落選した選手を思い浮かべて男泣きしたほど。
ただ、1年で力関係が変わる可能性も十分に考えられる。極めて難しい判断を迫られることになった。 (全文は以下リンク先参照)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-03250315-sph-spo

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました