RIZINファイターの矢地祐介がブルース・リー直伝のジークンドーを体感する動画が話題に

ブログ


138: 実況厳禁@名無しの格闘家 2020/04/05(日) 18:10:16.74 ID:bL9XL04w0
ジーケンドー 面白い 
元修斗環太平洋ライト級王者で格闘技イベントRIZINでも活躍する矢地祐介(29=KRAZY BEE)のYouTubeチャンネルでジークンドーマスター石井東吾(ジークンドー・ジャパン)との共演が話題だ。(中略)

 その矢地が石井を招き、3月27日にYouTubeチャンネルで『総合格闘技 VS ジークンドー!ブルース・リー直伝のワンインチパンチ、衝撃の被弾』をアップしたところ、これまでに再生回数が101万8千回と、100万再生越えを達成するなど、反響を呼んでいる。  

ワンインチパンチとは文字通り、わずかワンインチ(約2.5センチ)離した距離から打つパンチで、寸勁(すんけい)ともいう。  

企画は、グラップラー刃牙で登場する技をいくつか検証していくというもので、ワンインチパンチでは石井が登場し実演。吹っ飛ぶ石井の弟子を見て、実際、矢地も喰らってみる。

大きな打撃音とともに矢地はまさかの衝撃で大きく後ずさり。
「大げさじゃない、びっくりしたー!やばい!」と矢地。そして矢地にその技を伝授する石井。
映像では、その打ち方とコツを公開、徐々に身についていく矢地の上達ぶりも楽しめる。  (中略)

視聴者からは、「刃牙シリーズでなくとも、石井先生とのコラボ企画を増やして欲しい」「スピードがハンパない」「ジークンドーも凄いけど、石井さんの実力も相当高い」「次の矢地の試合が楽しみ」などコメントが並んだ。  (全文は以下リンク先参照)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00000013-gbr-fight


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました