青木真也vs世羅智茂のグラップリングマッチはドローに「死にたくねぇ、負けたくねぇんだったら家にいればいいんだよ!」

ブログ


506: 実況厳禁@名無しの格闘家 2020/04/17(金) 20:56:45.39 ID:WGBOdkeJ0
青木ドローでごちゃごちゃマイクしてて草 
Road to ONE 実行委員会 『Road to ONE:2nd sponsored by ABEMA』 2020年4月17日(金)都内某所(無観客のため会場名非公開)

▼第6試合 メインイベント Road to ONE グラップリング ライト契約10分1R(判定無し)

△青木真也 (元 ONE 世界ライト級王者/EVOLVE MMA)
時間切れ引き分け
△世羅智茂(2017 年 IBJJF アジア選手権黒帯フェザー級準優勝 /CARPE DIEM)  

(中略)

終了のゴングが鳴り、時間切れドローとなった。  

青木は試合後のマイクで「いつ死んだっていいんだよ、いつ辞めたっていいんだよ。

死にたくねぇ、負けたくねぇんだったら、ずっと家にいろ。
死にたくねぇ、負けたくねぇんだったら家にいればいいんだよ。分かるか。

でもな、生きるってそういうことじゃねぇえんだろ。日々いやなことと向き合って、クソみてぇな世の中と戦っていくんだ。
生きるっていうのは目の前にあることと戦うことだ」と熱いメッセージを送り、「ありがとう。楽しかった、ありがとう。それだけです」と感謝を述べた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00000019-gbr-fight



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました