コロナ後の世界に残したい激闘10撰~石渡伸太郎×ジョン・チャンソン~

ブログ

コロナ後の世界に残したいベストバウト10撰。今宵は日本の格闘技界を一瞬のうちに駆け抜けた和製イベント「戦極」からピックアップ。フェザー級GP1回戦で行われた石渡伸太郎×ジョン・チャンソンの一戦です。
よく激戦の例えとして「マンガのような試合」とか「ケンカのような試合」いう表現が使われる事がありますが、そのお手本、最上級の試合が石渡×チャンソンではないでしょうか。
互いに一歩も引かず、全身を使って倒しにいく攻撃性は見応え十分。観戦中に「うわー」「すげー」という言葉にならない声で絶叫した事を今でも覚えています。そこには技術を超越した何かを感じさせられました。そう、考えるな、感じろというやつです。
この激闘から数年後、石渡はパンクラスで絶対的な王者になってRIZINに参戦。チャンソンはUFCでも激闘を繰り広げてフランク・エドガーをKOするなど存在感を示している事実は感慨深いものがあります。
そして注目すべきは石渡の変貌ぶり。RIZINではクレバーで冷静な試合運びが印象的ですが、実は当時無鉄砲でヤンチャなファイトスタイルだったのです。最近のファンの方はちょっと信じられないかもしれません。まるで別人ですもん。
そんな怖い石渡を象徴する試合が修斗での伊藤一宏戦。下から関節を取られそうになるとバスターで叩きつけるえげつなさ。躊躇なし。完全に仕留めに行ってます。戦略的な石渡もいいですが、狂気の石渡も捨てがたい。いつこの凶暴性が姿を現すか楽しみにしています。
タイトルとURLをコピーしました