コロナ後の世界に残したい激闘10撰~松本晃市郎×長倉立尚~

ブログ
金子賢は芸能人から。古木克明はプロ野球横浜ベイスターズから。そして大相撲の横綱から転身したなど、セカンドライフとしてMMAファイターに転向するケースは枚挙にいとまがありません。でも、お笑い芸人から格闘家に転身し、チャンピオンのまま引退してお笑い芸人に再び転向。その後にプロゲーマーに転身して成功を収めた異色の経歴の持ち主をご存知でしょうか。彼の名は松本晃市郎(今田道場)。このご時世はジョビンという名前の方が広く浸透しているのかもしれません。

松本の試合を初めて見たのは2007年のパンクラスのネオブラッドトーナメントの予選。新木場1st RINGという小箱で強烈なパンチを武器に面白いように勝ち上がっていく姿が実に痛感でした。華麗なステップから飛び込んでの左アッパー、ボディ、フックはどれも一級品。楽しみな選手が出てきたとニヤニヤしていると、客席にはなんと今田耕司山下しげのりの姿が。。。しかも松本に対して「面白い試合せえ!」と叱咤激励を飛ばしているじゃありませんか。実に面白い。それから松本の試合を食い入るようにウォッチし続けました、

主戦場にしたDEEPでは12勝1敗の好成績。現在も現役バリバリで活躍する大塚隆史をスプリットの判定で破り、見事にフェザー級王者に輝きました。リオン武に敗れたもののDREAMにも参戦。アッパーのモーションだけでさいたまスーパーアリーナを沸かせたシーンはいまだに鮮明に覚えています。
そんな松本のベストバウトは自身の引退試合にしてDEEPフェザー級王座の防衛戦となった長倉立尚との壮絶な殴り合い。普段なら軽快なステップからノーガードのスウェイでパンチをかわす松本が足を止めて打ち合うまさかの展開。対する長倉も真っ向勝負のド突き合いに応じる男意気。その先に待っていたのは。。。王座を防衛して引退なんてかっこよすぎじゃありませんか!?男臭さ満点の好勝負。当時を知らない人にこそ見てほしい一戦です。
タイトルとURLをコピーしました