宮田和幸「レスリングはシングレット廃止してラッシュガードとショーツにすれば人気あがるはず」

ブログ


1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/13(水) 06:10:28.76 ID:e/PVAnkx9
 レスリングのユニホームを見直す声がにわかに熱を帯びている。

五輪などに出場した現役選手やOB選手が12日までに、競技イメージ向上のために、いわゆる“つりパン”と呼ばれる上下一体型のつなぎ状のユニホーム(シングレット)しか認められていない現行ルールを廃止すべきではないかという意見に賛同した。

 発端は、シドニー五輪代表で総合格闘家の宮田和幸(44)から発せられた「前から思ってたけどレスリングはシングレット廃止してラッシュガードとショーツにすれば人気あがるはず。
フィジークが人気出たように」というツイートだった。

“つりパン”を着用しなければ試合に出場できないというルールが競技人気を妨げる要因になっているのではないかと指摘し、上下別で、サーフィンなどで着られるカジュアルなアンダーウエアなどをユニホームとして認めることを提案したものだ。

 それに呼応する形で、リオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダルの登坂絵莉(26)=東新住建=は「同意です」と賛同。
シングレットが嫌と言って中学でやめた女子選手もいました。
全国で何度も優勝していた選手の辞めるきっかけにすらなってしまうシングレット」と、レスリングには愛着があっても、ユニホームが嫌で競技を離れるケースがあることを訴えた。

 世界レスリング連合(UWW)のルールでは、UWWが公認した赤、青のシングレット(ユニホーム)とシューズを着用することが定められている。

元世界女王のダルビッシュ(旧姓山本)聖子(40)は、登坂に返信する形で「マスターズ(年代別の大会)とかシングレット着る決意してまで出場とか無理だわ、、笑笑」とコメントを寄せた。 (全文は以下リンク先参照)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00000119-dal-spo

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました