【K-1】武尊と対戦予定だったアダム・ブアフフさん、新型コロナウイルスの影響で来日不可能となり欠場

ブログ


852: 実況厳禁@名無しの格闘家 (ワッチョイ 29d6-1G7t) 2020/03/19(木) 13:41:57.41 ID:/4qM4xXt0
3選手交代・・・・・萎える

3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される“K-1年間最大のビッグマッチ”『K’ESTA.3』で武尊とK-1&ISKAのダブルタイトルマッチに参戦予定だった、
フランスで練習を積むアダム・ブアフフ(モロッコ)、
そしてK-1ライト級王者の林健太と対戦予定だったキム・フォーク(スウェーデン)、
スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントに参戦予定だったニコラス・ラーセン(デンマーク)が、来日不可能となり欠場と発表された。
 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界各国が渡航制限をしている中、18日に日本政府は、これまでの中国、韓国に加え、3月21日から4月末まで、ヨーロッパの約30カ国とエジプト、イランを新たに入国制限の対象に加えた。(中略)

武尊はタイトルマッチからスーパーファイトに変更、相手はムエタイの元BBTVスタジアム認定フェザー級王者ペッダム・ペットギャットペット(24=タイ/ペットギャットペットジム)だ。
攻撃的なファイトスタイルと負けを恐れず前に出る気持ちの強さが売りのファイトスタイルで、武尊との一戦は激しい打ち合いが予想される。  

ペッダムは「初めてK-1に出場して、チャンピオンのタケルと試合することを嬉しく思っている。

もともと3月に予定されていた試合が流れてしまったので、どこでも誰でもいいから、試合がしたかった。
タケルの映像を少し見たけど、パンチと気持ちが強そうだから、打ち合ってみようと思っている」と意気込む。  (全文は以下リンク先参照)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00000016-gbr-fight


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました