豪州のプロモーターがマイク・タイソンに1億円でラガーマンとの異色マッチ打診

ブログ


1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 08:42:49.70 ID:za6Ep80I9
 チャリティーマッチ出場のため53歳にして現役復帰を目指しているボクシングの元ヘビー級世界3団体統一王者のマイク・タイソン(米国)に豪州のプロモーターが1億円のファイトマネーでエキジビションマッチ出場を打診したことが6日、明らかになった。
豪州メディアの「デイリー・メール」が報じたもの。

 タイソンは2005年を最後に現役のリングを去っているが、先日、薬物中毒患者やホームレスを支援するためのチャリティーマッチ出場のため現役復帰したいとの考えを明らかにし、さっそくインスタグラムにミット打ちの様子をアップした。(中略) 

 アマトルダ氏は、かつてタイソンをCM出演のために豪州に呼ぼうと動いたことがあるエージェントのマックス・マークソン氏と連絡を取り、1億円のファイトマネーでのオファーを依頼した。

 注目の対戦候補は、元ニュージーランド代表のラグビー界のレジェンド、ソニー・ビル・ウィリアムズ(34)。

ウィリアムズはオールブラックスの一員として2011年、2015年のワールドカップで優勝、2012年には、日本のパナソニックでもプレーしたことがある。
現在も、スーパーリーグのトロント・ウルフパックでプレーしている現役のラグビー選手だが、プロボクサーとしても、2009年にデビュー、7勝(3KO)の成績を持つ二刀流アスリート。
2013年には、ヘビー級の世界挑戦経験があるフランソワ・ボタ(南アフリカ)を判定で下してWBAインターナショナル・ヘビー級タイトルを獲得している。

なお、この試合は、のちに八百長疑惑が報じられた、いわくつきの試合。ボタは、タイソンとの対戦経験があり、K-1のリングにも上がっている。

 ウィリアムズは、2015年1月を最後にボクシングの試合をしていないが、ラガーマンとしては現役のアスリートだけに不安はなく、注目のエキジビションマッチとなることは間違いない。  (全文は以下リンク先参照)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00010000-wordleafs-fight


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました